股関節回復状態確認リハビリライド

だいぶ回復してきたのか、1時間2倍以上で回せた。

前回の8/10以降、股関節の回復促進のため、家に大量にあった経皮吸収型鎮痛・抗炎症剤のロキソプロフェンNaテープを毎日貼ってみた。そうすると股関節に負荷をかけたときに感じる痛みが徐々になくなってきた感じがした。ということもあって、前回から4日しか空いてないけど、またzwiftで状態確認してみた。結果、股関節に違和感は感じるものの、回している間は痛みを感じることなく、1時間2倍以上で回すことができた。ただ、終わった後、股関節にじーんと、じわーっと、若干痛みを感じた。昔左膝がライド後によく痛みが出ていた感じに似ている。しかしそれにしてもだいぶ回復してきた気がする。これなら乗鞍完走はできそうだ。

 

股関節回復確認

股関節の痛みがなくなってきたので、zwiftで状態確認。しかし、今ひとつだった。

前回の回復確認から10日経ち、日常生活では股関節の痛みは完全になくなったので、改めてzwiftで状態確認。コースは同じく平坦。前回はずっと100W以下だったけど、今回調子良さそうなので10分経過したぐらいから100W以上に上げてみた。しばらくはいい感じだったけど、徐々に痛みを感じ始めた。まだ回せそうだったけれど、悪化しそうだったので30分ちょっとで終了。回復は感じられたけど、まだまだという状態。

 

股関節回復具合確認

だいぶ股関節の痛みがなくなってきたので、試しにちょっとzwiftしてみたらまだ全然ダメだった。

落車で痛めた右股関節が、日常生活ではほとんど痛みを感じなくなってきたので、試しにちょっとzwiftしてみた。平坦コースで本当に軽く回すことからスタート。まずサドルに座ったときに右股関節が圧迫される感じで痛みを感じた。回し初めてしばらくするとその痛みは気にならなくなった。しかし徐々に股関節が痛み始め、スタート後20分ぐらいで一旦ストップ。しばらくしてからリスタート、しばらくは順調。しかしまた徐々に痛み始め、40分ぐらいで再ストップ。またしばらくしてからリスタートしたが、やはり痛むので55分で終了。これはちょっと思ったより重症で、回復に時間かかりそう。乗鞍まであと1ヶ月だけど、この状態では完走すら危うい。

 

落車後のバイク点検

落車後初めて自転車乗って、スペシャライズド新宿でバイク点検。

先日の落車で、バイクは大きな外傷なく、特に問題なさそうだけど、念の為点検してもうらために久しぶりにスペシャライズド新宿へ。16時に予約したので、余裕を持って14時に出発。天気は非常にいいけど、非常に暑い。国道20号の仙川までの狭いところを避けるために、多摩サイを南下し、多摩水道橋を渡って左折、都道114号に入って北上し、仙川駅付近の国道20号に出るルートにしてみた。結果はそれほどメリットなかった感じ。やはり都内を南北に走ると信号多い。落車後初めて自転車に乗って、やっぱり右の股関節痛めてることがはっきりした。立ち上がるときだったり、歩くときに気になっていたけど、サドルに座って漕ぎ出すときはっきり右股関節の痛みを感じた。ただ、漕ぎ出すと痛みはさほど感じなくなる。今日新宿に行って帰ってくる分には問題なさそう。バイクも特に問題なさそうだけど、リアを低いギヤ(小さい方から3つめぐらい)にするとちょっと異音がしたり、入りにくかったりした。環八以東の国道20号は快適に走れ、ゆっくり走るつもりだから早めに出てたけど15時半ぐらいにスペシャライズド新宿到着。

点検の結果、ディレイラーハンガーが曲がっていたので交換。あと、フロントホイールに若干振れが出ている(単体で回してみないとわからないレベル)ということで、振れ取りしてもらった。フロントホイールに振れがでていた原因は落車なのかどうかわからない。なぜか左側にガリ傷がついていた。ディレイラーハンガー代2,640円+工賃で6,600円。そして、ブレーキパッドが前後ともかなりすり減っていてもうすぐ交換だということを知らされた。あと、チェーンも伸びてきてるのでもうすぐ交換だと。ロバールのラチェット音が大きいのは確かに大きくなってきているので、もうすぐグリスアップした方がいいと言われた。点検終わって帰路に。帰りは全部国道20号のつもりだったけど、柴崎のところで昔住んでいたところを見たくなり、20号から外れて路地に入った。昔住んでいたところがまだあったのを確認して、品川通りに入って国領方面へ。その道沿いのパン屋にソフトクリームがあるのを見かけたのでちょっと休憩。夕張メロンと北海道ミルクのミックスおいしかった。

後はそのまま稲城まで。そういえば、今日ヘルメットを被ろうとしたときに初めてシールドがないことに気づき、家の中どこにもないので、おそらく先日落車したときに吹っ飛んだんだろう。ひょっとしたらまだ落ちてるかなと思ってV坂見に行ったけど、やっぱりなかった。18時ごろ帰宅。

 

おはV6→落車

おはV中に想定外の事象により落車。落車のしかたにしては傷は大したことなく、バイクもほぼ無傷で済んだ。

5時半に起きて6時に出発、おはV開始。雨は降ってないけど路面は若干ウェット。淡々と登ってたら、とても速い若者二人に抜かれた。若者二人は何往復するのかしらないけれど、そのとても速いペースで往復してた。5本目ぐらいから雨が降り出した。まあまあな降り方で、路面はすぐ結構なウェット状態になった。若者二人は雨を嫌ったのか、どこかに行って見えなくなった。自分はこのまま続けて早くV10終わらせたいと思い、6本目登り、そして下り始めた。下り始めてからカーブを曲がってカーブの出口にさしかかったときに、突然左の路肩に停車した車と、その車から降りて中央線付近のゴミを拾いにいこうと歩いているおじさんが視界に飛び込んできた。停車した車と中央線の間にいるおじさんを避ける十分なスペースがなく、止まるしかないと瞬間的に判断してフルブレーキングした。しかし路面がウェットなせいか、すぐに前後輪とも滑り始め、制御不能となって激しく落車、主に体の右側面が地面に叩きつけられた。かなりスピード出ていたので、落車後もまあまあ滑り続けたが、幸い反対車線に飛び出ることなく、おじさんや停車した車にも衝突しなかった。落車直後は体が痛くてなかなか起き上がれず、おじさんが「大丈夫か?」と言いながら近寄ってきた。なぜこんなところに車を停めたのか聞いたら、ゴミを拾うためだと。今日だけでなく、普段からよく拾っていると。上から来たので坂を往復している自転車がいるという認識はなかったと。とはいえ、車と止める場所が悪すぎるとそのおじさんには言っておいた。対向車線を登ってきた車が止まって、大丈夫か、警察、救急車呼んだほうがいいんじゃないか?と言ってくれたが、人にも車にも接触していないので事故ではない、怪我は大したことなさそうなので大丈夫と、お礼しながら丁重に断った。おじさんが立ち去り、歩いて歩道まで移動したときの写真。

チェーンが外れていたので直して、ほかに異常がないかチェックした。幸い、右ハンドルの端とリアディレーラーに少し傷が入っていた程度だった。歩道を坂の下まで歩いてから、家までは自転車に乗って帰宅。自転車は特に問題なさそう。帰ってから確認したら、時速45km/hからフルブレーキングしてた。

怪我の状態とウェアの損傷を確認。怪我は、右肘、右ケツ、背中に擦過傷があり、右ケツと背中がまあまあ傷が深かった。ウェアは残念ながらライトウェイとジャージとその下に着ていたファイントラックのドライメッシュレイヤーがご臨終となった。

新しいウェアを買う金はない。

 

土曜外中練

今週末もおはV10と、ぜっつーアルプ。

昨夜飲んだので、朝早くは起きれず。しかし未明に雨降ったっぽいので、遅めの時間の方がコンディションがいいはず。10時ぐらいにまた雨降る予報なので、それまでにV10やろうと9時過ぎに出発。路面はまだ少しウェットだった。5本目ぐらいになるとだいぶ路面乾いてきたが、8本目ぐらいに雨が降り始めた。10本終わったぐらいに普通に降り出してきたのでギリギリセーフ。

夕方はぜっつーアルプ。今日はいい感じのぜっつーだった。

 

平日夜zwift練

夜遅いけど少しでも回しておこうかと、初めてのDペーサー。

明日出勤で練習できないので、今日少しでもやっておこうか、疲れてるしやめておくか、と迷っていた。そしたら22時過ぎてまだ1時間以上風呂の番回ってこなさそうだったので、少しzwiftすることにした。軽く回すだけと思い、たぶん初めてのDペーサー。100Wもいらないぐらいなんで、超楽ちん。何も考えずに流すときはちょうどいい。しかし40分ぐらい過ぎてから足が調子良くなってしまい、150Wぐらいでその後回し続けて単独走になってしまった。1時間でおしまい。

f:id:shingggggo:20220712070857j:image